サイトアイコン Logic RockStar's STORY

Behanceへの投稿が、2020年6月20日から途切れています・・・

広告

音楽制作に没頭するあまり、イラストの作画、アニメーションの制作を行なっていなかったため、AdobeのポートフォリオサイトのBehanceへ作品をアップロードしない期間がかなり開いてしまっています。

わたしの音楽アルバムは自前のアートワークでこれまで賄ってきました。例外として、デジタル切り絵作家の金井昌未さんのアートワークを一つ採用していますが、他のアーティストが担当しているアルバム作品は他にはありません。

ここまでポートフォリオを更新しなかったのは、イラストに手が回っていなかったことが原因と言いたいところですが、かれこれ2年ほど前になりますが強制入院のきっかけになった、不眠不休で没頭していたために起こってしまった、脳の炎症・・その後遺症が続いていて、作画に取り掛かると脳が燃えるような幻覚に悩まされていたのでした。睡眠不足が原因で引き起こっていることだったので、退院後は早く寝ることを第一に考えて、夜ふかし厳禁、過度な没頭にも気をつけていました。

最も酷かった時の睡眠時間は平均二時間。。これが半年以上続いていて、本人は自覚なく没頭していて、作品数もたくさんできていたため絶好調だと勘違いしていましたが、主治医や親は心配だったため幾度も、生活をあらためるように指導されていました。

今は月に一度の臀部への注射で、症状は落ち着きました。精神科では、創作活動で没頭すると弾き起こる症状として脳が燃える感覚が出てきたと伝えると、かなり深刻だと判断されます。入院は懲り懲りなので、その感覚が出てきた時は、すぐに通院し薬を調整してもらいます。

どんな人でも睡眠時間は一番重要です。わたしはこれまで、ショートスリーパーだと思っていて、それで短い睡眠でもなんともなかったと思っていましたが、気持ちとは裏腹で体は悲鳴をあげていたのです。やはり、睡眠をしっかり取り、体を休めてこそ、最高の創作活動が成立します。

ポートフォリオを更新できなかった期間は、体の調子を整えていた期間だったと今は思えます。頭がすっきりした状態が維持できて、しっかりと睡眠と休息をとっている今なら、再びイラストに取り組めると考えています。前のような、異常な没頭にならないように、休憩をしっかり間に入れ、創作時間もしっかりコントロールしながら、アートワークを完成させたいです。

正直いうと、音楽制作はここまでの作品でやり切ったと感じています。再生数も、もう底にまで落ちました。わたしのアイディアは、リスナーに消費されたのかもしれません。一度離れたリスナーが今後戻ってくるようには、思えません。最初は斬新に感じた、ミュージックビデオも旬はすぐにすぎます。音楽制作はoutputばかりで、inputの時間を取らないできてしまいました。

音楽制作は一度フラットな状態にし、リリーススケジュールが立て込んでいた今年のようなことにならないよう、今は意欲が湧くまで待とうと思います。新しい発見も欲しいので、たくさんのアーティストさんの楽曲を聴いたりして、音楽の耳を広げていきます。

話は振り出しに戻りますが、頭のリラクゼーションにもなるイラストの作画、デッサン、デザイン、わたしは再びイラストレーションに時間を割きたいです。

イラストにはスクエアで取り組む縛りを作り、これまでのスタイルを変えて線のない塗りのイラストから、線画のある人物作品で、必ず手を描く構図にすること。バストアップの作画と全身の作画を交互に描くことを守って描き進めます。

とにかく勉強だと思うと辛くなるので、楽しみながらイラストに取り組みます。

結果として、音楽アルバムのアートワークが出来上がるような結果になれば御の字です。

音楽もイラストも、わたしのライフワークです。楽しみながら今後も続けたいと思います。

Since I was so absorbed in music production that I didn’t draw illustrations or create animations, I had a lot of time to not upload my work to Behance, Adobe’s portfolio site.

My music album has been covered by my own artwork. As an exception, I have adopted one artwork by digital paper-cutting artist Masami Kanai, but no other album work is in charge of other artists.

I would like to say that the reason why I did not update the portfolio so far is because I was not able to handle the illustrations, but about two years ago, I was absorbed in sleeplessness, which triggered compulsory hospitalization. The inflammation of the brain that had occurred because I was doing it … The aftereffects continued, and when I started drawing, I was suffering from a burning hallucination. It was caused by lack of sleep, so I thought about going to bed early after discharge, and I was careful not to stay up late at night and to be excessively absorbed.

The average sleep time at the worst was two hours. .. This has been going on for more than half a year, and he was completely absorbed in it, and he misunderstood that he was in great shape because he had a lot of works, but his doctor and parents were worried, so he was instructed to renew his life many times. I was there.

Now, with a monthly injection into the buttocks, my symptoms have subsided. In psychiatry, it is judged to be quite serious when you tell that you have a sensation of burning your brain as a symptom that occurs when you are absorbed in creative activities. Hospitalization is disciplined, so when she feels that sensation, she immediately goes to the hospital and asks her to adjust her medication.

Sleep time is paramount for any person. I used to think that I was a short sleeper, and I thought I couldn’t sleep for a short time, but my body was screaming, contrary to my feelings. After all, the best creative activity can be achieved only by getting a good night’s sleep and resting your body.

It seems that the period when I couldn’t update my portfolio was the period when I was in good physical condition. Now that I can keep my head clean and have a good night’s sleep and rest, I think I can work on the illustration again. I want to complete the artwork while taking breaks and controlling the creative time so that I don’t get into the abnormal immersiveness as before.

To be honest, I feel that the music production has been completed with the works so far. The number of views has already dropped to the bottom. My idea may have been consumed by listeners. It doesn’t seem like listeners once separated will come back in the future. The music video, which seemed novel at first, is just around the corner. Music production is all about output, so I couldn’t take the time for input.

I’ve put the music production flat once, and now I’ll wait until I’m motivated so that it doesn’t look like this year when the release schedule was set. I want to make new discoveries, so I will listen to the songs of many artists and expand my ears of music.

Let’s get back to the beginning, but I would like to devote my time to illustration again, drawing, drawing, and designing illustrations that can also be a relaxation for my head.

Make a tie to work on the illustration in a square, change the style so far, and make sure to draw a hand from a lineless painted illustration to a person’s work with a line drawing. I will keep drawing the bust-up drawing and the whole body drawing alternately.

Anyway, it’s hard to think that it’s studying, so I enjoy working on illustrations.

As a result, it would be great if the artwork for the music album was completed.

Music and illustrations are my life work. I would like to continue while having fun.

モバイルバージョンを終了