アナリティクスから得られる情報〜戦略

これから進むべき画風だったり、音楽の販売などを決めるために、定期的にアナリティクスやデータを参照しております。

意図して売りたいと思う音楽が振るわなかったり、またその逆で力を入れずに作った曲が伸びたりと、世間と制作する側のズレが面白かったりします。

イラストレーションもまたしかりで、日本人が好むイラスト(線画)はAdobeのポートフォリオであるBehanceでは主流ではないし。。

ターゲットを定めて、描くものも考えていかないとならないと思い始めています。

そんな中で、Facebookが私に提案する広告は、私が考えていない可愛らしい作画を広告にするというものでした。

もともと、私の描くイラストはリアルでもないし、線を残す画風でもありません。

スポット的に投稿したこのカバーになっているような女の子のイラストが、日本では反応が良かったようです。

様々なイラストレーションが世の中にある中で、私がこれから進むべき方向はデータ(数字)として提案されているのかなって思っています。

イラストタイムラプスと、オリジナル曲のタイアップをこれから投稿していけば、他のクリエイターとの違いを打ち出していけるでしょうか?

模索はまだしばらくかかりそうです。。。

広告
カテゴリー Digital Painter beginnerタグ ,,,,,,,,

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close