Behanceから読み解く

イラストの投稿から見る、世界観の認識

私がデジタルイラストレーションを始めて、まもなく2年になるのですが・・・

Adobeが用意しているBehanceを利用されている方が、身近に全くいない。

日本人イラストレーターのほとんどがピクシブを、発表の場所に選んでいるためで、自ずとそこに貼り付けてあるイラストも、Behanceのそれとは全く違っている。

実験ではないのですが、世界を見渡せばBehanceで好まれる絵面は完全に写実的な表現であり、ピクシブとは全く異なる。

漫画的なイラストレーションを得意とする方には、Behanceのギャラリーで活動するよりかは、ピクシブで投稿する方がインプレッションは稼げると思っている。

自分がこれから進むイラストの表現をよく考え、そして仕事として世間から認知されるイラストレーションを継続して発表していくのなら、わがままな活動は控えるべきなのだろう。

果たして、今後の自分の描画の方向性はどう転ぶのか?

うまく折り合いがつくのか?よくわからないのですが、描くことは止まらないので成り行きに任せていくことになると思う。。

カテゴリー Digital Painter beginnerHow to illustrationタグ ,,,,
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close