制限時間内でやり遂げる訓練

GIFマガジンの式典に出席できなくなった原因から、学ぶ必要がある。

自分が一番恐れていた、活動の集大成を感じるための東京行きがキャンセルになり、少し放心状態でいる。

過去の教訓が今回も生きなかったのだった。

私は興味を持つものには、飽くなき探究心を持ってこれまで挑んできた。

それが周りから見ると不可能としか映らないことであっても、肯定させるだけの集中力で黙らせてきた。

こういった生き方は、周りとうまくやっていくことが極めて困難であり、側から見ると一匹狼と写ることが多い。

しかし、雑音が入るならばむしろ一人にしてもらえた方が自分は楽だった。

思い通りにというか、自分の感覚で全てこなせるようになる状態まで行けば、物足りない感覚になる。

そうやって、これまではたくさんのことから卒業してきた。

でも今回だけは違ったようだった。

私のライフワークとしてのillustration。 GIFの可能性など・・

これらのことは、生涯をかけて取り組む課題だ。楽しんでやりたいし、邪魔者は自分から排除する。

時間の工面というのか、適切な時間内で今後は取り組んでいく。

そうしないと、もう人生のステージに戻れなくなるので。。

来年の今頃、私はステージに居られるのか? そう、居られると思ってやらないと叶わない。やるだけやるのだ。。

広告
カテゴリー Digital Painter beginner
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close